2014年08月02日

深津篤史



劇作家の深津篤史さん死去
‎2014年7月30日‎
深津篤史さん(ふかつ・しげふみ=劇作家・演出家)が31日死去、46歳。 兵庫県芦屋市出身。1992年に劇団「桃園会」を旗揚げ。98年に「うちやまつり」で岸田国士戯曲賞、2005年に「屋上庭園/動員挿話」で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。関西を拠点に活躍し、日常性を (続きを読む)



大杉連さんのプロフィールとファンレターの宛先教えて下さい。宜しくお願いします。
大杉連さんのプロフィールとファンレターの宛先教えて下さい。宜しくお願いします。(続きを読む)

ハマってしまったテレビドラマは?
【coyoteの質問 #128】 最近は、なかなかテレビドラマを観る機会はありませんが、 昔は、テレビドラマにハマった時期がありました。 みなさんが、ハマったテレビドラマは何でしょうか? ...(続きを読む)


Half a century of Japanese theater(vol.9(1990s par) [ 日本劇作家協会 ]
商品価格:4,320円
レビュー平均:0.0
『Live, Love, Drive. 死神の精度』DVD
商品価格:2,900円
レビュー平均:0.0


posted by ふみよふみふみ at 19:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三貴 2度目の倒産




posted by ふみよふみふみ at 11:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下鉄列車 突然停止


「スマホいじって余所見してたらオカマほってしまった。」たぶんこんな感じだろ 死...
「スマホいじって余所見してたらオカマほってしまった。」たぶんこんな感じだろ 死人が出てないだけマシ、韓国人は当たり屋みたいなもんだから大袈裟に賠償するだろう。 ほんと人災事故が多いよな。 【ソウル聯合ニュース】2日午後3時32分ごろ、ソウルの地下鉄2号線の上往十里駅で、蚕室駅方面に向かっていた列車が前の列車に追突する事故があった。 消防当局によると、乗客約200人が負傷した。大多数は軽傷だが、2人は骨折しているという。2号線の一部路線は運行が停止している。乗客は線路に降りて退避した。負傷者の一部は近くの病院に運ばれた。 車両の不具合で停車していた列車に後続列車が追突したという。後続列車は急ブレーキをかけたが間に合わず追突、前の列車の車両連結器が破損し、後続列車が脱線した。 事故当時、前の列車に乗っていた乗客は「停車していたところ、突然後ろから大きな音がして立っていた乗客が倒れた。車内の照明が消え、悲鳴が上がった」と語った。避難を呼び掛ける案内放送はなく、乗客がドアを開けて脱出したという。 2号線を運営するソウルメトロの関係者は「後続列車が急ブレーキをかけたが、200メートルの安全距離を確保できず、追突したとみられる」と明らかにした。また、「曲線線路だったがため、前に停車していた列車が見えなかったようだ」と説明。列車の自動安全距離維持装置が故障したか、運転士が曲線区間で停止信号を見落とした可能性があると推定される。 ソウル市関係者は事故の原因について、「自動安全距離維持装置が故障したためとみられる。故障の原因については調べなければならない」と述べた。別のソウルメトロの関係者は「二つの列車はいずれも手動運転だったため、前の列車と一定の間隔が維持できなかった」と伝えた。自動距離維持装置は列車間の距離が200メートル以内になると自動的に作動する。 一方、国土交通部は世宗政府庁舎に中央事故収拾本部を設置した。迅速な事故の収拾に向け、ソウル市やソウルメトロと緊密に協力する方針で、緊急復旧や市内バスの増便などを指示した。 事故現場には消防士や警察官ら200人以上や救急車と消防車の計58台が投入され、事故の収束に当たっている。(続きを読む)

非常ブレーキ距離、注意信号について聞きたい事が有ります
さっそく質問させていただきます。 ?在来線において、非常ブレーキ距離が600mと定められた理由 ?注意信号の現示箇所をこえて進行するときの速度が45km/h以下と定まっている理由 について...(続きを読む)



モスクワで地下鉄脱線、5人以上が死亡
‎2014年7月15日‎
現時点の調査では、朝のラッシュ時に突然停電が発生、それを原因に3台の地下鉄車両が市西部で脱線した。なぜ停電が起きたかは明らかになっていない。 この事故の発生で市中心部を東西に走るアルバーツコ・ポクロフスカヤ線(3号線)は運転を停止している。 市の救急当局 (続きを読む)




posted by ふみよふみふみ at 01:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。